スマホ修理の方法は3つ!それぞれの特徴は?


オフィシャルでのスマホ修理

スマホが壊れてしまった時にまず修理の方法として思い浮かべる人が多いのが「オフィシャル」の修理です。メーカーやキャリアなどにスマートフォンを持ち込んで修理してもらうという方法で、特徴としてはオフィシャルなので確実な修理が出来るということでしょう。デメリットとして挙げられるのは、データを残しての修理ができない場合が多いということではないでしょうか。また、修理完了までに時間がかかる場合も多いと言われています。

修理業者でのスマホ修理

オフィシャルの修理以外では、街なかにあるスマートフォン修理のお店で修理をしてもらうという方法です。特徴としては修理完了までが非常に早く、画面割れなどの簡単な修理であれば20分程度で修理完了というケースもあり、スマホを使えない時間が短くて済むということが挙げられます。また、基本的にデータも残したままの修理なので安心です。デメリットとしては、修理業者や作業人によってスキルの差がかなりあるということや、オフィシャルの保証などが一切無効になってしまうということです。

自分でスマホの修理をする

自分でスマートフォンの修理をするということも可能です。自分で修理をすることが出来れば、近くに修理できるお店がなかったりしてもスピーディーな修理ができます。ただし、自分で修理をするということは全て自己責任なので、もし直すことが出来なかったとしても諦めるしかありません。また、修理に必要なパーツや工具なども自分で集めなければならないのもデメリットでしょう。

スマホ修理の静岡店には、来店後すぐに対応してくれて、修理時間も早い店舗がかなりあります。駅近の店舗もあるので、アクセスも便利です。