マーケティングオートメーションを活用して効率的に営業活動を行おう


マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションというのは、その名の通り、マーケティング活動に関する一連の業務を、ソフトウェアなどのツールを用いて自動化することを言います。例えば、潜在顧客を含む顧客の属性を管理し、分析を加えたうえで、人車の商品やサービスに関心を持ってもらえそうな相手を抽出して、自動的に販促メールを送るような仕組みを導入することで、人手をかけずに効率的に顧客を開拓で来るというわけです。マーケティング活動は企業にとって必要不可欠な業務であるだけに、このマーケティングオートメーションを導入することは、主たるビジネスがBtoBであるか、BtoCであるかを問わず、ほとんどの企業にとって大きなメリットがあるのです。

マーケティングオートメーションのメリットとは?

マーケティングオートメーションの導入によって得られるメリットには様々なものがありますが、その最たるものは営業費用を大幅に低減できるというものです。すなわち、これまで多くの人手をかけて行っていた業務をソフトウェアで代替できるようになるため、人件費を抑えたうえで同水準のマーケティング活動が行えるようになるのです。また、それによって余剰戦力になった営業担当者をプロモーション戦略の企画や立案といったようなより生産性の高い業務に配置転換すれば、企業全体の労働生産性を高めることが可能になります。働き方改革が求められる中で、マーケティングオートメーションはそれを実現するための有効なツールとなり得るというわけです。

マーケティングオートメーションを導入することで、生産性の向上や業務の効率化を促すことが可能となります。