求めるもので方法が変わる?スマホ修理を行う業者の選び方を把握しよう!


正規店と非正規店の違いについて

スマホ修理を行う業者は大別するとスマホメーカーの公認を受けた正規店とそれ以外の非正規店があります。どちらもスマホ修理を行う点では変わりませんが、スマホメーカーの純正品が使用できるのは正規店だけなのが大きな違いです。また、正規店はスマホメーカーが作成したマニュアルに沿って修理を行うので、どの業者も一定以上の質を持つ作業ができるメリットがあります。基板を交換するなど専門性の高い修理も正規店だけができる作業なので確実にスマホを直すなら正規店を選ぶのが無難です。その一方で正規店での修理はすべての機能をチェックする工程があるので時間がかかります。データの初期化も行うので、修理を依頼するなら事前にデータを保存することを忘れてはいけません。

早くて安いのが非正規店の利点

非正規店でのスマホ修理は時間がかからず、作業工賃も安く済むのが大きな利点です。正規店なら数日以上の時間を要する作業でも非正規店なら日帰りで終わることがあります。液晶ガラスの交換など軽微な作業なら数時間で終わることも珍しくありません。非正規店は他メーカーの汎用品を使って部品交換を行うので部品代が安く抑えられています。時間をかけずに安く直すなら非正規店が非常に便利ですが、業者ごとに技術力の差が大きい点は注意しなければいけません。また、非正規店では基板交換など専門性の高い作業は受け付けていないので、スマホが酷く破損している場合は正規店に依頼する必要があります。最初は非正規店に依頼して、その結果が芳しくなければ改めて正規店に直してもらうのが上手な利用方法です。

スマホ修理の三宮店は修理の際、予約をしてから来店しないとすぐに修理してくれない場合があります。来店前の電話やメールによる問い合わせをするのが無難です。